ホストで大事なこと

イケメンだからホストで売れるかというとそうではないようです。

ホストにとって大事なのは「マメさ」「気遣い」「勘の良さ」だそうです。

お客さまに常に気にしてもらえるように「マメに」連絡を入れることが大事だそうです。

またお客さまの生活や仕事、健康はもちろん恋愛の悩みや金銭事情をさりげなく気遣うことができなければ売れっ子になれないそうです。

そしてお客さまが自分に何を求めているかということに気が付かなければなりません。

ナンバーワンホストというのは、これら三つがずば抜けて素晴らしいのです。

「マメさ」と「気遣い」と「勘の良さ」でお客さまは夢中になってしまうようです。

夢中というより必死になるというか。

ホストはこの三つのことがずば抜けていると、無理な営業をしているようにも見えないので、それも好印象につながるようです。

お客さまの一番気持ちのいい部分をくすぐることで、お客さまもまた会いたくなるようです。

良いホストは、お客さまを掴むのはなくて、包むのだそうです。

掴まれたお客さまは、ホストから「飲みに来い」という言葉に圧迫感があるそうですが、包まれていると感じているお客さまは、「飲みに来い」と言われると「自分だけに約束してくれている」と思うのだそうです。

わたしのことを一番良くわかってくれる人………お客さまはそのホストの笑顔を求めて店に足を運んでくれるとのこと。

そんな風にお客さまが感じるのは、ホストの接客の技でもあるのですが、それは初対面のときこそ勘を働かさなければならないそうです。

お客さまの名前、年齢、職業、趣味、出身地……そんな取っ掛かりが掴めそうな会話をしながら、お客さまが一番求めている話題を掴んでいきます。

そして会話を掘り下げることができるテクニックを駆使してお客さまの心を掴んでいくそうです。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です