非日常的な世界

 ホストクラブは非日常的な世界ですから、ロジックが通用しないことも多々あります。特に金銭感覚は常人のそれとかけ離れたものになります。シャンパンタワーに1000万円支払う客も現れますし、年収が1億円を超えるホストも活躍しています。ナンバーワンを狙えるレベルのホストたちは、どのようにして客にシャンパンタワーを注文させるのでしょうか。言うまでも無く、理屈で説得しているわけではありません。彼らは自分の感情を包み隠さず客に見せつけて注文をねだります。不思議なことに、クラブの中に入ると、そうしたホストの態度に影響されてシャンパンタワーを注文してしまうのです。よく用いられるねだり方が、「ナンバーワンになりたいから、100万円払ってくれ」というものです。冷静に聞けば馬鹿げたお願いなのですが、実際に払ってしまう客が後を絶ちません。
 非日常的な世界は、初めからそこに存在しているわけではありません。ホストたちが団結して作り上げているのです。昔はホストクラブの客層といえば、キャバ嬢や風俗嬢といった人が多く、対応は一辺倒で済んだのですが、最近はごく普通の会社員や主婦が客として来店するため、演出も凝ったものになっています。例えばホストに慣れていない彼女たちを相手にする時、店の外で相手をするのが定番になっています。というのも、水商売に従事している女性であれば、サプライズにあまり驚いてくれないのに対して、彼女たちは、ホストがプライベートな時間に会ってくれることに喜んでくれるのです。その喜びこそ、非日常的な世界を作るための演出の効果と言えるでしょう。ホストクラブによっては、リムジンに乗せてあげたりして、お店の特色を出しているところもあります。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です